2005/10/27

リッヒのお腹チェック

CIMG0287久しぶりにリッヒのお腹チェック!

ポッコリも赤みもなくなりいいかんじです。傷口もこのとおりきれいになりました。あとは獣医さんのお墨付きをもらえれば言うこと無し。

普段の様子は術前より遊び回っていて元気そう。昨日紹介したシャカシャカ袋を自分一匹で振り回して遊んでたりします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/12

動物病院に行ってきました

リッヒを連れて動物病院に行ってきました。

結果としては1ヶ月後にまた様子を見せに来て下さいという事でしたが、命には別状ないようですのでよかったです。赤みはだいぶなくなってきて、あとはポッコリだけです。

リッヒのしこり(乳腺腫瘍)を見つけて以来約1ヶ月間ずっと心配で不安な毎日でしたが、どうやら命は大丈夫らしいとわかってやっと安心できる気分になれました。ずっと気が張っていたので疲労感いっぱいです。でもほんとによかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/11

ぽっこり三つ

20051011今日は動物病院に行くのを見送った。

写真は10/11午後9:10頃

鮮やかな赤から褪せた赤に変わってきた。ぽっこりとした膨らみは相変わらずで三つほどある。一番下のモノが一番大きく写真でもよくわかる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/10

またまた SOLD OUT

昨日UPされたワン服の1つが既にSold Outになってました(今日の午後1時時点)。あっぱれです。

もったいないけど気に入りリストに載せました。興味のある方はご覧下さい。

2005101010/10午後8:30頃

<経過観察>ぽっこりは相変わらず。切口だったところが気持ち柔らかくなり色も鮮やかな赤からくすんだ色に変わってきた。炎症止めとして処方された薬も今夜でなくなった。明日の朝リッヒのお腹の様子を見て病院に行くか決めよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/09

最後にお楽しみが。。。

CIMG0233天気も良くないし、寒かったので、今日も引続き家の中で地味ぃ~に過ごしていました。

でも経過観察は怠らず。

CIMG02342枚の写真は本日10/9午後7:40頃のものです

夜、お気に入りのワンshopを見ると新作が3点UPされていた。キタキタキター!ワンピ2点とランニング1点。ドキドキしながらワンピ2点をジェロとリッヒのためにお買い上げぇー。そして今回はワンピと生地がオソロのランニングを親戚のMダックスのP君のためにお買い上げ。いつもP君にもと思っていたけどワンピは・・・と思っていたので今回は丁度いいのがUPされたのでよかった。最近はそこのワン服収集が趣味になりつつあります。だってかわいいんだもん。

地味な一日のつもりが最後にお楽しみが待ってました。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/08

今日は家で地味ぃーに

CIMG0232昨日あんなことがあったので今日は家で地味ぃーにしていました。

リッヒはこんなお腹にもかかわらず相変わらず元気いっぱい。最近食欲もあるわあるわで、手術時の体重に比べて400gも増えました。

上の写真は本日10/8午後9:00頃のものです。剃ったお腹の毛もうっすらと生えてきました。昨日の写真よりぽっこりがよくわかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/07

やっぱり行ってきました

朝起きてリッヒの具合を見ると本人(犬)は元気ハツラツぅなんだけど、お腹は昨日よりぷっくら。思い切って病院に電話をすると「連れて来て下さい」との事で午前中行ってきました。

お腹を見た獣医さんから手術をして縫合糸を取り替えた方がいいと言われその場でリッヒを預けて来ました。午後手術予定です。再度麻酔をかけてお腹を切るのはかわいそうだけど、そうしないと治らないのだからするしかない。またしばらくお家に帰れないけどリッヒにはがんばって(我慢して)もらいたい。

2時過ぎに動物病院の院長先生から電話が。前回手術を執刀した獣医が休日のため院長がリッヒの手術をする予定でした。用件は、(院長が)再度診察したところもう少し経過観察してからでもいいと思うのでリッヒを引取りに来て下さい、ということでした。でも。。。そういうことってアリ?一旦手術するって言っておいてやっぱりしませんって。それだけビミョウなところなのかな。院長がしないって言うのだからそうしない訳にはいかないけどね。経過観察経過観察っと。

CIMG02263時半頃リッヒを迎えに行きました。今は家にいます。やっぱり”お騒がせ”になってしまったかも。皆さーん、ごめんなさーーーい。

上の写真は10/6午前11:00頃

下の写真3枚は10/7午後9:20頃

CIMG0227CIMG0230CIMG0231   

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/10/06

行くか行くまいか

午前中にリッヒのお腹を確認した。まだ赤い。さらに赤くなっているところの下がぷっくりと膨らんでいる。なんだろう?!

昼中ずっと気になって、何だろう?大丈夫か?病院に行った方がいいか?等と考えていた。ここの所ちょくちょく病院に行っているのでなんだか行きずらいのです。

当のリッヒは・・・結構元気。ぐったりしているとかなら堂々と行けるのですが、元気なものですから単なる”お騒がせ”になってしまうと申し訳なくって、心配なんだけど行くのを躊躇しています。

夜になり、病院の診察時間が過ぎると、妙なあきらめから明日の朝またリッヒの様子を見てから行くか考えようと気持ちが落ち着いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/05

ホッとしたのも束の間

2、3日前から気になることがあってリッヒを連れて再び動物病院へ。

先日抜糸をしたばかりの避妊手術の切口から糸が1本出てきた。また切口付近が赤くなってきて、赤みが大きくなってきた。

出てきた糸は先日抜糸した皮膚を縫った糸ではなくて腹膜を縫った糸で、何かの拍子に外に出てきたのだが、その糸事態は1ヵ月程で自然となくなるそうです。でも外にぴょんと出ていても目障りなので切ってもらいました。

切口の赤みは炎症との事。リッヒはアレルギー体質なので腹膜を縫った糸に反応して炎症を起こしたのではないかとの事でした。炎症止めの薬を6日分処方されたのですが、さらに悪くなって膿が出てきたりしたら、手術をして炎症の原因である糸を取り出す必要があるそうです。年に数例は手術が必要になるケースが発生するとの事でした。糸を取り出す手術は料金を取っていないと言っていましたが、金銭的な事よりリッヒの体の負担を考えると手術しないで済むようにと願うばかりです。とりあえず薬を飲ませて経過観察というところです。

皮膚の表面と違って内部で起こっているので直接患部が見えないのが歯痒いところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/30

抜糸&検査結果

リッヒの抜糸に行ってきました。

どんな風にするのだろうと思っていたら案外簡単。ハサミで出ている糸をプチプチと切って抜く。リッヒも痛がったりせずすぐに終わりました。

かぶれていた所もほとんど赤みがなくなり、リッヒも掻いたり舐めたりすることもなくなりました。

肝心の乳腺腫瘍の結果ですが、ちょっとビミョウなことが。送られてきた結果は悪性だったのですが、動物病院の意見は良性だとのこと。腫瘍の大きさは触診で判る最小、かつレントゲンで写りうる最小であったとのこと。通常なら気づかれなくても不思議でない大きさなのに、それぐらいの小ささで見つけられたのは不幸中の幸いであったそうです。いづれにせよ、悪性であれ良性であれ小さい段階で発見出来て切除されたので転移の可能性はほとんどない、でも注意は怠らずとの事でした。

ひとまず一段落してホッとしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧