« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013/03/08

Rの診察(2013/3/4)

平熱、CRP値0.7(前回0.15)㎎、体重6.15(前回6.25)㎏

お陰様で本犬いたって元気に過ごしていますdog

CRP値が正常範囲(1未満)ながらも若干高め。
肝臓の数値が少し上昇。
ステロイドは前回と同じ。

             2012/1/9 1/25  2/7  3/5  4/2  4/28
G  P  T  (17-78)   109        72     194    157   195   176.7
G  O  P  (17-44)    52       103     145     162    94     59.7
A  L  P (47-254)     -        637    -       379   421   314.7
白血球数    (60-170)   185       170     112      40     39     38
分葉核好中球(1500<)     -           -       -      2320  2320    -
*グリベック1/26より服用
*3月に入ってからグリベックのジェネリック(イマチブ)服用開始

              5/28    6/25    7/23  8/20     9/17  10/15 
G  P  T  (17-78)     -         -          -     186      277      188
G  O  T  (17-44)     -         -          -       93       68       64
A  L  P (47-254)     -         -          -     534      846      574
白血球数 (5.05-16.76)   5.25      2.91      3.94   3.02     3.29     3.12
好中球数 (2.95-11.64)   3.70      1.68      2.54   1.77     1.92     1.83
*新しい機器導入のため数値の表示が変わりました

           11/12  12/10 2013/1/7   2/5   3/4
G  P  T    144      105           137    140    192
G  O  T      52       38            83      47      61
A  L  P     468      366          200     298    372
白血球数    3.73      6.87         4.17    4.69   4.63
好中球数    2.27      4.61         2.40    3.07   2.89

| | コメント (0)

2013/03/07

JRの眼の診察(2013/2/10)

隣町の別の動物病院で二匹の眼を診てもらいました。

Jerro…5.6㎏
初期のPRA、まだ見えている。(ジェロの年齢を考えると)サプリが合えば進行を遅らせ寿命までKeepできるかも。⇒まずはサプリを1か月程服用し、1か月後再び診察。

Rich…6.3㎏
初期の白内障、経過観察。
今は大丈夫だが、免疫疾患のコはむしろブドウ膜炎(眼圧が低くなる)に注意とのこと。前回別の病院で眼圧が左右8と低めだった。

* * * * *

ネットでPRAについて少し調べました。
この病気は両親から遺伝子を引き継いで発症するらしい。つまり父親母親両方から遺伝子を引き継いだということ。片親からの場合は発症はしないけどキャリーになる。ただキャリーは見た目からは分からないので知らずにキャリー同士を掛け合わせてしまう危険がある。

発症×発症     100%発症
発症×キャリー   50%発症
キャリー×キャリー 25%発症

また、発症する時期。おおまかに3タイプ。
①子犬時に発症して急速に進行
②子犬時に発症してゆっくり進行
③中高犬時に発症してゆっくり進行

②③の場合、発症に気づく前に繁殖してしまう危険がある。

| | コメント (2)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »