« 1/10夜、R手術しました | トップページ | R面会(2012/1/12) »

2012/01/11

Rの手術(2012/1/10)

1/10午後の診察時間終了後手術をしました。

手術前に少し面会すると尻尾を振って顔を押し付けて大喜びしてくれました。抱っこ抱っことせがまれたり。それだけに手術のことを考えると無事終わってくれるか心配でもあり切なくもありました。

* * * * *

手術の結果は当初の見立て(腸閉塞)と違っていました・・・

開腹するとうっすらと血が広がっていて軽い腹膜炎になっていたそうです。
そしてシコリは小腸ではなく盲腸に出来ていて、破れていたそうです。
盲腸とシコリに小腸と大腸がくっついていたため、エコーでは小腸にシコリがあるように見えてしまったようです。

くっついていた小腸と大腸を丁寧に剥がし、盲腸全部とシコリを取り除き、シコリは病理組織検査に出します。
1/7まで元気だったのに翌日1/8には急変していたのはそのタイミングでシコリが破れたからじゃないかとの推測です。

手術後、摘出した盲腸とシコリを見せて頂きました。今更言っても仕方ないのですが破ける前にもっともっとシコリが小さいうちにどうして気づいてあげられなかったのか悔いるばかりです。昨年は初夏からずっと湿疹続きでこまめにシャンプー&ドライや全身の湿疹チェックをしたりで体をよく触っていたので尚更もっと早く気づけなかったのが悔しいです。

一週間ほどで退院の予定です。

持病のリウマチで飲んでいるお薬の件ですが、ステロイドを飲んでいると傷の治りが悪くなるので量を(ゼロではないけど)減らすことになりました。リウマチに影響がないか心配ですが、今は手術の傷を早く治す方が優先なので仕方ないですね。
また、以前、リウマチになる前の手術で、縫合糸に反応して手術の傷の治りが悪かったこともあったのでこちらも心配です。
傷の治りに関してはダブルのリスクあり、なんとかクリアして欲しい!!

以下
・付添いのジェロ
・手術後麻酔から覚めたばかりのリッヒ
・摘出された盲腸とシコリ(上半分は布で下半分は盲腸とシコリ・盲腸はほんの少しでほとんどシコリ)
の写真です。クリックすると拡大されますが最後の画像は苦手な方は見ない方がいいです。

201201101935

201201102227_2

201201102154_3

|

« 1/10夜、R手術しました | トップページ | R面会(2012/1/12) »