« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010/08/23

Rの診察(2010/8/22)

いつもの関節炎…

平熱、体重 7.0㎏(前回7.1) CRP値 0.1㎎(前回1.95)

見た目元気なのと、検査の数値もよいので、服用の薬はいつも通りとなりました。

体重が100g減scissors、夢の6㎏台が目前happy01

* * * * *

跛行の件…

7/31に始まった跛行、
8/10頃まで続きました。

当初、右前足かと思っていましたが、
8/8急に左前足の裏がパンパンに腫れはじめたので、
もしかしたら跛行の原因は左前足だったのかもしれません。

8/10の朝、包帯に血が滲んでいたのでほどいてみると、
腫れていたところに小さい穴があり、
そこから血混じりのショウ液が出たのだと思われました。
ショウ液が出たことにより、腫れも引きはじめ、跛行も同時に消えていきました。

その後も、少しづつショウ液が滲み出るので毎日包帯交換、
8/16頃一旦穴も塞がったのですが、
8/20朝、包帯に血混じりのショウ液が再び付着していたので、
それ以来、再び毎日包帯の交換をしています。
包帯だけだと、包帯の上からお口でガシガシするのでエリカラもずっと着けたままです。

ショウ液が滲み出ていた小さな穴ですが、以前大きな穴があいた場所と同じところのようです。
結構長引いているので早くよくなって欲しいです。

リッヒと同じ病気のコの中に手根関節や足の指関節に同様の症状があるコがいるようですので、今後も同じことがあると思います、いかに頻度を少なくするかが課題なのかな~。

| | コメント (0)

2010/08/05

Rの診察(2010/8/3)

7/31から前足に跛行がみられ、
加えて8/3には右前足の肉球の溝に腫れの兆候がみられたので、
病院に行って来ました。

平熱、体重7.1㎏(前回7.1)、CRP値1.95㎎(前回0.0)

血液検査…
CRP値以外は正常範囲内、
CRP値は若干数値が上昇してるが、現時点では関節炎が悪化していると言えるほどの数値ではない。ただ、これが上昇過程の場合今後上昇していく可能性もある。

レントゲンも撮りましたが、骨折の様子は見られず。

結局、理由ははっきりしないが確かに跛行はありますねということ。これから数値が上がり体調が崩れる可能性もあるので要観察となりました。

いつもは跛行があっても一日か二日でおさまるのですが、今回は長引いているので病院に連れて行きました。
今日(8/4)も相変わらず跛行ありですweep
ずっと続いている不安定な天候のせいもあるのでしょうかねangry

* * *

レントゲンを見た時、関節に変化があるのが認められました。はっきりわかるのは右手首と左手の指一か所。4年前に診断された時は確かなかったはずなので、やはり少しずつ進行しているのだと認めたくないけど認めざるを得ない現実に胸が苦しい思いがした。薬で痛みを抑え、進行を遅らせることしかできない自分がとても悔しい。

* * *

100805r1

8/5追記

右前足が左より一回りぐらい大きく見える、腫れてるのか???
右前足を上げ、三本足で立っているところも見かけた、

100805r3_2

⇒左右どちらをかばっているのか分からなかったがどうやら右のよう。

今のところ元気も食欲もある。

| | コメント (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »