« 今日もいろいろ | トップページ | 遊んでみました… »

2007/09/11

Richの通院(07/9/11)

このところのリッヒの様子が気になるのでやっぱり病院に行ってきました。。。

体温39.2度、体重7.3㎏(前回7.2)CRP値14㎎(前回0.55)

やっぱり炎症値がガーンと上がっていました。

そして・・・

「食欲が無いんです」と告げたわりには、体重が減ってるどころか逆に0.1㎏増えていて、とっても恥ずかしかったです。。。(///ω///)ゞ

また、71(5/5)→53(6/2)→54(6/30)→52(7/28)→64(8/25)と低めだった白血球数も170とぐんと増えていました(炎症が増すと白血球数も増える)。

炎症具合を示唆するCRP値・白血球数が共に増加しているので、やはり痛みがあるのでしょうとのことでした。。。(;´Д`) うぅっ。

食欲減退や跛行はやっぱり痛みのせいだったんだね・・・

体調の変化の原因としては、

①免疫抑制剤(イムラン錠)を毎日から一日置きに変えたこと

②台風・雨続きといった天候による影響

の二つが考えられるけど、はっきりどちらかはわからず。

というわけでお薬が以下のように変更になりました。

①ステロイド剤(プレドニゾロン)0.5㎎/kg1日置き→1.0㎎/kg毎日

②免疫抑制剤(イムラン錠)1日置き→毎日

③湿疹用の抗生剤は今まで通り

「明日の朝、お薬を飲むまでは、このままなのでちょっと辛いけどガンバロウネ、Rich 。」

そして・・・

「お天気のばかやろうー!」

天気に当たるしかしようのないわたし・・・

|

« 今日もいろいろ | トップページ | 遊んでみました… »

コメント

リッヒちゃん、お薬効くといいですね。

ブログのあちこちでも、この気候で体調崩してるワンちゃんをみかけます。
早く秋らしい、過ごしやすい気候になれ~~!!

投稿: このっち | 2007/09/12 00:45

>このっちさん、ありがとう~
早くお薬が効いて体が楽になってくれるといいです。

そうですね、このところの気候でけっこう体調崩しているワンちゃん多いみたいですよね。

やっぱり、「お天気のばかやろう~」ですね、ぷぷぷ

投稿: めいぷる | 2007/09/12 00:54

わぁ! 炎症値、ずいぶんあがっちゃいましたね。。。。
やっぱり、これはこの天気のせいもあると思いますよ。 
今ごろは、薬が効いて少し楽になったころかな? 

体重、わかりますよ~。。体調が悪いときって、なぜか増えてるんですよね~。
ルーシーさんも、最初に病院へ行ったときよりも、昨日の診察時のほうが50グラム増えていました!!
動かなかったからかな??

投稿: のぶちん | 2007/09/12 22:26

>のぶちんさん
朝飲んだお薬が効いてきたらしく、
夕方には外に連れて行ってと催促されましたョ。

でも、一方でなんか微妙な気持ちです・・・
今の医療ではステロイドに頼るしかないのだけど、
日々投与し続けて行くうちにいつか副作用が出ないとも言えないし・・・かといって投与を止めることもできないし・・・葛藤の日々でもあります。。。

ルーシーさんも増えてたのですか~
(…少しホッとする私…)
そうですよね、動かなくなった分、カロリー消費が減りますものね。。。

投稿: めいぷる | 2007/09/12 23:47

めいぷるさん、こんにちは!
リッヒちゃんの痛みはどうかな?お薬で抑えられているかな?
リウマチの再燃ということはきっと獣医師も想定していと想うのでまずはステロイドの増量ということになったのだと想います。焦らずにまた減らして行こうね。
菊の時も隔日になったことがあるのだけど、血中濃度を一定に保てるということから1日2回毎日投与になりました。それから再燃はないです。
私のブログのレスにも書いたのだけど、落ち着いたら「アクトネル」を試してみたらどうかな?
骨に再石灰化して強くしてくれるお薬です。菊は飲んでから1年になりますよ。

投稿: misako | 2007/09/14 12:43

人間でもお天気のせいで、色々体に来ますもんね。
わんこも一緒なんでしょうね。
痛みがあるってのはかわいそうですね。
早く治るといいですね。
でも、あまりステロイドに頼りたくないのは事実だし。
ようすけがヘルニアがなかなかよくならなくて、
体によくないのに飲ませ続けてたのを
後悔しましたから。
飲ませ続けなかったら、
腎不全にならなかったんじゃないか
なんて思っちゃって。
でも、そのせいじゃないとは思いたいし。
葛藤です、いまさらですけどね。
リッヒちゃんにはそういう目には
遇って欲しくないです。

投稿: ぱっち | 2007/09/15 10:57

はじめまして。
CRPを調べていてヒットしました。
我が家の子と病名、病歴が違うのですが、、、、、。
CRPの結果とお薬の服用は本当に葛藤の日々でした。
ママさんも無理をされずお過ごしください。
リッヒちゃん、早く良くなってほしいです。

投稿: きょんさん | 2007/09/15 17:48

>misakoさん、
夏の頃の軽快な動きまでには回復してないけど、
散歩に行きたがったり、
食欲も戻って来てはいるようです。

お薬の減薬過程での体調の崩れはこれで3回目です。
主治医は"体調をキープ出来る最小投与量"を探りつつも、
可能なら休薬も考えたいと思ってトライしているようです。。。
私も休薬が可能ならそれに越したことはないとは思うけど、
体調を崩すたびに(リッヒが)痛い思いをしてしまうなら、
休薬はあきらめて、
体調をキープする事を目標に適用量を投与し続けるのもアリなのかな…とも思います・・・難しい選択だぁ・・・。

アクトネルって骨を強化・補強するためのお薬なんですね。今まで主治医からアクトネルの話は出たことないのですけど、次回の診察の時聞いてみます。ありがとう。


投稿: めいぷる | 2007/09/16 09:38

>ぱっちさん、
人間でも寒くなると膝が疼くとかありますよね。
そんな感じでリッヒも低気圧や寒さで疼くのかな~と考えているのですけど…かわいそう…代わってあげられないから飼主としては辛いですね。
リッヒの為に一年中ほどよく温かいところへ引越し…無理だあ~。
ステロイド剤にはほんと泣かされます…葛藤葛藤!
ようすけさん、ぱっち家を見守るのはもちろんですけど、リッヒにもちょっとパワーを送ってくださいまし~。

投稿: めいぷる | 2007/09/16 09:50

>きょんさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
きょんさんのところにも
病名は違っても頑張っているワンちゃんが?
お互い大変ですけど可愛い我が子の為なら…ですよね。
励ましのお言葉ありがとうございます。
よろしければまた遊びにいらして下さい。。。

投稿: めいぷる | 2007/09/16 10:21

リッヒちゃんごはん食べるようになって安心しました。。
我が家はボクチンばかり5にんおります。。(ダックス)
内1名が昨年病名が違うのですが、崖っぷちにたちましたが今はその後の投薬ゼロ、副作用ゼロで元気に暮らしています。
今もこの病気について飼い主、親として研究中です。
我が子のためにそして自分が許せるようになるために奮闘中です。
ママさんもくれぐれも体をこわさないようにお過ごしください。また、ブログお邪魔さしてください。

投稿: きょんさん | 2007/09/16 11:37

>きょんさん
ボクチンが5ニンもいるのですか~
にぎやかですね
うちは今のところ2匹でいっぱいいっぱいです…(汗)

今は投薬ゼロ&副作用ゼロなのですかぁ
ワンちゃんもきょんさんもガンバられたのですね
"研究中"…再発の可能性でもあるのでしょうか…???

>ママさんもくれぐれも体をこわさないようにお過ご
>しください。

度々のお気遣いありがとうございます。。。

投稿: めいぷる | 2007/09/16 20:32

我が家の子の病名は縫合糸肉芽腫でした。
高度医療にて命は救われたのですが、、、。
この病気はまだ、症例数が少ないのと治療がバラバラ状態です。十人十色とゆうのか千差万別とゆうのか、、、。
我が家の子は去勢手術で使われた絹糸により肉芽腫を形成し開腹手術をしてすべて摘出しました。
研究中とゆうのは、奇跡的に助かった子以外に他の子もいるのでこれからの選択肢を増やしたいからです。
先日、半年ぶりにCRPを測りました。ドキドキしながら結果を待ちました。とりあえず基準内キープでした。
今現在この病気はあまり知られていません。

ママさんもこの機会に心に留めていてほしい病気です。

投稿: きょんさん | 2007/09/16 21:49

>きょんさん
縫合糸肉芽腫…とても気になっていた病気です。
mixi内にその病気でとても辛い思いをしているダックス君がいるそうなのですが、飼主さんの日記公開が限定されているので、今は読めませんが、つてを探してぜひ読ませて頂きたいと思っています。

というのは、リッヒは乳腺腫瘍の摘出手術をした時、同時に避妊手術も行いました(厳密にはそけいヘルニア縫合手術も同時にしました)。
乳腺腫瘍・避妊・ヘルニアと三か所切開した訳ですが、何故か避妊手術の痕だけ治りが遅かったのです(ブログ右サイドに手術後の傷の回復経過の写真が掲載されています…Rの手術1)。外側というよりお腹の内部で何か起きている感じでした。ポッコリ膨らんでいるような…それがだんだん大きくなっていくような…治らない手術痕・そして内部で何かがふくらんでいることに心配して何度か病院に行きました。

執刀医師から「腹膜を縫合した糸に体の組織が反応して炎症を起こしている。手術の際にはアレルギーを起こす可能性の低い糸を選んで使うようにしているが、100%防ぐことはどうしても不可能で、こういったケースは時々ある。しばらくして炎症が治まる場合が大方だが、どうしても糸が合わなくて再度開腹して糸を取り出す手術が、この病院でも年に数例はあります…」というような説明がありました。

で、やはりなかなか治まらなくて、ある日の午前中に病院に連れて行ったら、その時診察した獣医Aが「午後、院長先生がいるので院長に縫合糸を取り出す手術をしてもらいましょう、このままリッヒちゃんをお預かりします」、で、リッヒを預けて一旦家に戻りました。

そうしたら午後になって院長先生が直接我が家に電話を掛けて来て「私自ら触診したところやはり手術するまでもないと思いますので、このままもうしばらく様子見しましょう。リッヒちゃんを迎えに来て下さい」とのこと。リッヒを迎えに行き、心配な日々を過ごした後、やっと炎症は治まりました。

それ以来、避妊手術の痕には特に異変はないのですが、肉芽腫までにはならなかったものの、縫合糸にアレルギー反応を起こした事を重要視しています。
手術後すぐだけでなく、忘れたころに突然反応して肉芽腫を形成してしまうこともあるとか…。

私が日記を読みたいと思っているmixiのワンコ君は、一度ならず何度か肉芽腫が出来て大変な思いをしているそうです。去勢時の縫合糸に反応して免疫バランスが崩れたのか以来あちこちに…。

縫合糸に対するアレルギー反応がきっかけで免疫のバランスを崩し、あるワンコ君は肉芽腫へと発展。
一方リッヒは避妊時の縫合糸へのアレルギー反応がきっかけで免疫バランスを崩し、多発性関節炎へと発展。。。
発展した先の病気は違うけど、発端は同じなのかな~と漠然と考えてます。このあたりの因果関係というか。。。

縫合糸→アレルギー→免疫機能が崩れる→様々な症例・病気へと発展。

多発性関節炎の中には避妊去勢手術を受けてないワンコも含まれているのでそのコ達は何がきっかけで免疫機能が崩れたのかという疑問が残ってしまいますが。。。

あ~、づらづらと長くひとり言のような事を書いてしまいました、すみません。

ひとつ、肉芽腫もCRP値を判断基準の一つとして使用されているのを知りました。。。

投稿: めいぷる | 2007/09/17 00:39

この病気になった子をもつ親としての経過からしか話せないのですが、、、。
この病気の初期の症状としてのあらわれ方も違うようです。また、初期の治療もバラバラです。
(ソケイ部が腫れる子がいたり、我が家はソケイ部が1センチ強穴が開いたり)
リッヒちゃんのページで気がついたのですが、関節炎?もこの縫合糸肉芽腫も似たようなお薬を飲んでいること。お熱が出ることetc,,,。
この病気はステロイドや免疫抑制剤(シクラスポリン、ジェネリックのネオメルクetc、、。)のお薬を
使います。我が家はステロイでした。
高熱(40度以上)10日間なすすべがなかったのですが、毎日皮下点滴と座薬を1日2回してました。
無情にも座薬は1日持たず1日の半分はつらい時間を
過ごしてました。原因がつかめずこの子の体力も限界のときに二次診療の存在を知り転移して助かりました。
リッヒちゃんもお熱がでたりするのですね?
人間でもインフルエンザが怖いのではなくインフルエンザ脳炎が怖いといわれています。
私は、毎日40度を越す我が子を前にとにかく熱をさげなければ、髄膜炎でもおこしたらたいへんとか、
このままだと多臓器不全で、、になってしまうとか、
素人ながら必死でした。
お熱が高熱なのでかわいそうでした。
来る日も来る日もごめんね。。後5時間したら病院があくからごめんね。。としか言えなくて、そして、体温が41度以上になっても私の手をさがしてなでてほしいと言ってきました。本当につらくて、つらくて、、、。
リッヒちゃんもママと一緒にたくさんのお山を越えて今があるので、絶対良くなってほしのです。
ママさんいつでもメールください。

投稿: きょんさん | 2007/09/17 09:47

>きょんさん

一度書いたのに消えてしまったぁ~ショック
気を取り直して・・・

①今回の病気とは別個のものと思っていたのですが、リッヒも最初にソケイに穴が見つかりました。
それはソケイヘルニアと言われました。急を要する状態ではないと言われ様子見でしたが、その後、乳腺腫瘍が見つかり手術をすることになったので、一緒にソケイヘルニアの縫合手術もしてもらいました。

②お薬も似ていますね。
リッヒの場合は、ステロイド剤(プレドニゾロン)と免疫抑制剤(アザチオプリン=イムラン錠)が主な薬です。

③症状は、リッヒの場合、熱・関節炎の痛みによる跛行・体の強張り(特に朝起きてすぐの時)・食欲減退・元気消失等です。

リッヒと同様の病気のワンコ達の飼主さん達で情報協力して、リウマチ・関節炎関係のデータベースを作成しています。クッキー君の飼主misakoさんのHP上にありますので、よろしければ参考にしてみてください。ワンコによって、初期症状・経過等様々です。http://www11.plala.or.jp/cat-and-dog/

きょんさんのワンコ君、10日間も高熱に苦しんだのですね・・・目の前で苦しんでいる我が子を見ながらどうする事も出来ない無力さ・・・きょんさんもとても辛かったでしょうね。
でも無事に治ったのですよね、よかった。

思い出したのですが、mixi内の「ミニチュアダックスがすき」というコミュの中に「縫合糸反応性肉芽腫について」というトピがありました。そちらの方々と話をすれば参考になる話も聞けるかもしれません。。。

>ママさんいつでもメールください。
ありがとうございます。
でも…アドレスが…???
まあ、何かございましたら、
プロフィールをクリックしますとメール送信出来るようになってますのでご利用ください。。。では。

投稿: めいぷる | 2007/09/17 23:32

我が家の子は半年間ソケイブの開閉を繰り返していて、それから突然の発熱があって、2日間の皮下点滴をして治まったため、(原因がわからなかったのですが、)ワクチンした2週間後にして40度を越す高熱に襲われました。
高度医療に転移した時に初めてする検査がありました。CRPと四肢のレントゲン、関節液です。
不明熱で転移したのでまずダックスに多い多発性関節炎を除外するためでした。高熱から1週間後に
最終はMRIをしてしたのですが、、、翌日に椎間板ヘルニアを発症して手術となったので、縫合糸の摘出は今年の1月まで持ち越しになりました。
我が家はボクチンばかりなので避妊手術はわからないのですが、、、、。リッヒちゃんの手術の腹膜のアレルギー、、、??。縫合糸は太い血管を結ぶ時に絹糸を使われていました。(おなかの中)
追伸
コメントの下にアドレスを記載するのですが、リッヒママにはいかないのですね??
私、パソコンがまだいまいちで、、、。
ミクシィの子のことがすごく心配です。
リッヒちゃんワクチンってどうされてます??
免疫抑制剤を飲んでる時は、、、みたいな記事をよんだのですが、我が家は今半年お薬は服用していないのですが、どうしても気になって今調べている最中です。CRPの結果で喜んだのもつかの間で今度は、昨日の朝から歯が原因で腫れているので本日病院です。


投稿: きょんさん | 2007/09/18 07:41

パソコンいじりがいまいちで我ながら最悪だぁーと思っています。
プロフィール拝見いたしました。
リッヒママも韓ドラすきなのですね。。。
いつも、月一往診を頼んでいて、来週予定なので、今日は人間だけ病院に行って歯の抗生物質もらってきました。
炎症がひいてから10月のはじめくらいに手術になると思います。避けては通れないようです、、がっかり。。。
縫合糸肉芽腫も免疫疾患グループなので同じですね。。(お薬)
リッヒママに教えてもらいたいことがあります。。
リュウマチ因子の検査って関節液みたいな特殊な検査ですか?ふつうに血液検査でわかるのですか?
太い血管とゆうのは精巣や卵巣の静脈??をケッサツした絹糸(非吸収糸)です。
椎間板ヘルニアの際も今年の絹糸摘出の際もすべて吸収糸(とける糸)で行いました。。先日のCRPの結果からいくとOKとみていいような感じがいたします。が
病理結果の文面では手放しで喜べないので注意しています。
中では吸収糸でダメな子がいるそうです、、、
リッヒママの方が100倍詳しい~!!

投稿: きょんさん | 2007/09/18 17:15

>きょんさん
韓ドラけっこう好きです
今は「朱蒙‐チュモン‐」見てます。。。

あ、今日のはきょんさんの診察だったのですか…
てっきりワンコ君かと…
10月の手術というのはワンコ君?きょんさん?
あら~混乱しちゃったー

縫合糸肉芽腫も免疫介在性多発性関節炎も同じ免疫疾患なのでお薬も似てるのかしらネ

リウマチ因子の検査…確か普通に採血したものを外部に送って検査してもらったような…。なので結果が出るまで一週間か10日ぐらいかかった気がします。
リウマチ因子の検査と一緒に抗核抗体の検査もしました。これも普通に採血で、結果は病院ですぐ分かった気がします。

切った血管を縛ったのが溶けない絹糸だったのですか。。。
そうかぁ~
リッヒの腹膜は解ける糸と言ってたけど、
血管のは聞いてなかったな~
溶けない糸だとしたら残っているわけだ…なんか嫌ですね…

>中では吸収系でダメな子がいるそうです、、、
それってリッヒじゃんー
でも、溶ける糸も何種類かあるみたいです。


投稿: めいぷる | 2007/09/19 00:00

>きょんさん
今は手術に絹糸はあまり使わないのが主流だそうです。
以下のサイト参照
http://homepage3.nifty.com/elfaro/information/suture.htm

投稿: めいぷる | 2007/09/19 00:21

リッヒママごめんなさい。。。
ややこしい書き方で、、、。
歯が具合が悪いのは、縫合糸で戦った子なのです。。
歯をいじるのは03年ぶりなのですが、先月長男君の歯の手術が終わったとこなのに、、、。年功序列で治療開始状態です。。。
チュモンいいですね~。
時代劇でベスト3に入る名作ですね。
幅広く俳優さんも好きなので色々みます。。
この3年くらい日本の民法放送はまったくみていなくて朝のニュースくらいです。
ちなみに音楽も、、、。どっぷり浸かっています。
ルー大柴の奥様も好きとのことをテレビ番組で言っていたのですが、お箸が韓国のお箸(銀の)だとか。
思わず笑ってしまいました。。

投稿: きょんさん | 2007/09/19 00:27

>きょんさん

メールありがとう、
ちゃんと届きましたよ。
今お返事書いてますので
もう少々お待ち下さい。。。

投稿: めいぷる | 2007/09/19 14:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日もいろいろ | トップページ | 遊んでみました… »