« おじゃまむし | トップページ | 今日のRich »

2006/05/22

Richの手術 第2弾

そんなに凹んでないから大丈夫だよ。Richの方がずっと辛いんだから。。。

Richが後ろ左足をかばう様に歩くのでかかりつけの動物病院に連れて行きました。院長先生に診察して頂いて「膝蓋骨外方脱臼」と言われました。「手術をしましょう」の言葉にただ「お願いします」と答えました。院長先生のスケジュールを確認した後、手術は5/26(金)の午後となりました。院長先生が執刀されるそうです。

GW前後からおかしいなって気配はあったんです。

1.散歩をあまりせがまなくなった。出掛けてもすぐ帰ろうとする。

2.夕飯後はすぐ寝床へ。

3.今まで自分でしていた上り下りをせず、抱っこで上げ下げをせがむようになった。

4.後ろ足がもたついてしりもちをつくことが何度か。そのあと足をかばって歩く。

5.時々何かの瞬間に「キュ~ン」といってビッコを引くようになった。

1~3の頃は”疲れているのかな”とか”甘えてるのかな”とか”太ったから”等と思うことが多かったが、4~5が目立ち始めてきてやっぱりどこかおかしいと思うようになった。

体重が増えて足腰の負担が増えたのも、脱臼の進行を早めてしまったかもと思うともっと真剣に減量を考えなければいけなかったと反省した。←ホントに遅すぎますが。

てな訳で手術するという前提で動いていますが、家に帰っていろいろネットを見てみるとまたまたいろいろな症例があって、同じ脱臼でも対応が手術だったり様子見だったりで、その基準は何なのだろうと思ってしまいます。脱臼の度合はグレード1~4まであるそうですが、重い4に近い3の患者が様子見だったりする。Richは2か3ぐらいという見立て。なので、ほんとにRichは今手術を必要としているのだろうかという疑問が沸いてきちゃっているのです。私は専門家じゃないので、実際は単なるグレード以外のものも考慮して総合的に判断するのでしょうけどね。

治療費、院長先生に概算して頂いたところ16万円+消費税だそうです。血液検査・レントゲン・全身麻酔・手術・1週間の入院・歯のクリーニング込みになってます。

この急な失費、痛いですよねぇ~。やっぱりPCはだましだまし使うきゃないかな~???と思っためいぷるでした。。。

<今日の治療費>   再診料 525円

|

« おじゃまむし | トップページ | 今日のRich »

コメント

すごく心配です!!!!
でも早めの診察で理由がわかってよかったです。

本当に体重って大事なんですね。足が短い犬種は、ヘルニアになりやすいといいますが、脱臼にもなりやすいんでしょうか。
4、5の行動に早く気付いてよかったです。これは普通では見られない行動ですよね。
早く手術が終わって、元気にお散歩行ってね(^ω^)
めいぷるさん、私も避妊手術ですが、麻酔を使うということでとても心配でした。
けど、今回はリッヒちゃんのための必要な手術だし、先生におまかせしたのも妥当な判断だと思います!!
先生とリッヒちゃんのがんばりを信じてがんばってください。

投稿: ちろママ | 2006/05/23 00:43

ちろママさん、いろいろありがとう。
声をかけていただけるだけで心強いです。

前回の腫瘍と違って今回は脱臼なので命の危機を前回程感じていない分気持ちは楽です。

リッヒが大変な思いをするだけの効果のある手術になればいいと思います。

ほんと先生とリッヒのがんばりを信じるしかないですよね。

北海道旅行の前にこんな話題で申し訳ないです。
でもこれはこれ。ちろママはちろりんと一緒に楽しんできてくださいね。ちろりんにとっての初旅行だし、私も旅行話いろいろ聞きたいですから…

投稿: めいぷる | 2006/05/23 01:28

心配でしょうね。
すっごく気持ち分かります、ついこないだ大騒ぎしたところですから。
脱臼ですか・・・私も小さい頃よく肩が外れました。
人間とわんこは比べられないけどね。(^^;)

http://www.eepet.com/dog/archives/byoumei/107.html

ここにも書いてありましたよ。
出来れば手術しなくていいに越した事はないけど。
お医者様を信じるしかないのも事実。
早く元気になって、
お散歩行けるようになるといいですね。

投稿: ぱっち | 2006/05/23 10:58

めいぷるさん大丈夫??
命に別状はないとはいえ手術といえば心配だね・・・
脱臼なんてワンコにもあるのを初めて知りました。ヘルニアに十分気をつけてればいいと思っていた私は勉強不足。
日常の小さなことからやはり敏感になっておかないとダメだ(。>0<。)
少しでも心配症な方がいいのかもしれない。
ジェロもまためいぷるさんと同じでリッヒのこと心配してるだろうね。リッヒ頑張れ~~!!

投稿: くれここまま | 2006/05/23 21:48

ぱっちさん、ありがとう。

先のことはわからないからいろいろ不安はあるけど、先生とリッヒのがんばりを信じて5/26を迎えようと思います。

投稿: めいぷる | 2006/05/23 21:52

びっくりしましたー! めいぷるさん、さぞや心配でしょう、、、、。命にかかわるものではないとわかっていても、やはり麻酔をかけてメスを入れるわけですから、かわいそうで気が気ではありませんよね。 ルーシーさんも何度か大きな手術をしているので、お気持ち察します。 心配っていうか、かわいいそうなんですよね!

リッヒちゃん、早く元気になってほしいな。 悪化させる前に気づいてあげられたことがせめてもの救いですね。 その病気は足の付け根の脱臼ですか? 様子見をしていても治ることはまずないでしょうから、若くて体力のあるうちに手術する決断は正しいのではないかと思いますよ。

リッヒちゃんはまだまだ若いからよかったですよ。どんな病気でも、若いうちに治療ができるということは、それだけで少し安心できます。
14歳半になってしまったルーシーさんだったら、(病気によっては)なかなか手術には踏み切れないと思いますし、、、。
 

手術後、完全に回復した後は、少し運動量を増やしてみてはどうでしょう。しっかり筋肉をつけておくと、いろいろな骨や関節の病気が予防できます。

ルーシーさんは9歳の頃に椎間板ヘルニアになったんです。 当時はものすごい痛がりようで、あの食いしん坊のルーシーさんがジャーキーすら食べないほどでした。寒い時期になるときまって痛がり始めて、、、。 
でも、手術もなにもせずに運動だけで克服したんですよ。 先生のアドバイスで、背筋を鍛えて「コルセット」のような筋肉をつけたんです。 背中と足腰にしっかりと筋肉をつけてからは、もう一度も痛がらなくなりました。

パソコンを通じてず~っと見てきたリッヒちゃん(とジェロちゃん)。 もうのぶちんにとっても人事ではありません。がんばれ~、リッヒぃ~。

めいぷるさんのお財布もがんばれ~。

めいぷるさんのパソコンもがんばれ~。 

投稿: のぶちん | 2006/05/23 21:54

くれここままさん、ありがとう。
急な展開で自分でもビックリしてます。

私もダックスに多い椎間板ヘルニアに気をとられていて膝蓋骨脱臼に関しては勉強不足でした。
椎間板ヘルニアもそうですがこれもフローリングや段差等はよくないそうです。肥満も厳禁との事。
起こってしまった事を今さら悔やんでも仕方ないのですが、今回の事を重大な忠告と受け止めて今後はいっそう生活環境に注意していかなくちゃと反省しました。

投稿: めいぷる | 2006/05/23 22:12

のぶちんさん、
なが~いコメントにビックリしましたが、リッヒの事をとても心配して下さって感謝してます。ありがとう。

1回目の手術の時、皮膚が弱くて手術痕が直りにくかったので、今回それも心配です。
飼主の気配りが足りなくてこんな思いをさせてしまって悪かったと思っています。

おっしゃるとおり4歳なので手術に耐え得る体力はあると思います。場所は、膝です。

ルーシー姉さんは椎間板ヘルニアを克服されたのですか。手術もしないで。痛かったでしょうにものすごい努力をされたのですね。ルーシー姉さんの頑張りが一番でしょうけど、パートナーののぶちんさんと担当された獣医さんの協力もあって、今の元気なルーシー姉さんがあるのですね。

ジェロみたいにあまり活発でないリッヒはやはり運動不足傾向でそれもよくない要素だったと思います。元気になったら、運動量を少し増やしてみようと思います。

筋肉…自宅で出来るものなのですか?それとも筋肉を鍛える為のジムのようなところに行くのですか?よろしければどうやって筋肉を鍛えたか教えて頂けると有難いです。

最後に、財布もPCもがんばるよ~

投稿: めいぷる | 2006/05/23 23:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96107/10196665

この記事へのトラックバック一覧です: Richの手術 第2弾:

« おじゃまむし | トップページ | 今日のRich »